☆ベンツ、AMG 新エンジン搭載のS63AMGを発表☆

~ベンツ、AMG 新エンジン搭載のS63AMGを発表~

○名古屋会議室・ゼミナールプラザスタッフブログ○

メルセデス・ベンツのハイパフォーマンスカー部門
AMGは、従来の6.3リッターV8に代わる新エ
ンジンとして、パワーとエコの両立を図った、
5.5リッターV8ターボエンジンを発表しました。
S63AMG

同じV8ながら、排気量を5.5リッターに縮小し、
代わりに直噴ツインターボを搭載したあらたなエン
ジンは、C63やE63、そしてS63など、AM
Gの主要ラインアップに順次搭載されていきます。
S63AMG

新エンジンはターボのブースト圧で違いでふたつの
バージョンが用意されています。例えばS63
AMGの場合、最高出力544ps/5500rpm、
最大トルク81.6kg―m/2000―4500
rpmを発生するモデルと、571ps/5500
rpm、91.8/2500―3750rpmの2
モデルが設定される。ブースト圧は、、1.0bar
と1.3barで、後者はAMGスポーツパッケージ
装着車に搭載されています。
S63AMG

E63 AMGの場合も同様の設定がある2モデル
は、其々旧型比でパワーが20psと47ps増、
トルクは17.4kg―mと27.6kg―m増と、
かなりのパフォーマンスアップしています。
S63AMG

さらに注目する点は、アイドリングストップ機能で
ある”スタートストップシステム”が標準で装備され、
さらに、進化した7速スピードシフトMCTが組み合わ
されることで、燃費(欧州複合サイクル)は9.5km
/リッター、CO2排出量は246g/kmという、
環境性能を誇っています

AMGは、新しいエンジンを、S63AMGに搭載して
披露しましたが、なんと往年のレースカーである
300SEL 6.3のカラーリングが施されて
います。

名古屋での会議・研修はゼミナールプラザへご予約下さい。
下見・ショールームも随時実施しております。
電話052-331-6411 管理:金山プラザホテル

名古屋の貸し会議室・ゼミナールプラザ

カテゴリー: seminar-plaza, 会場設営スタッフ日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です