☆おかざき世界子ども美術博物館(長くつ下のピッピ展)☆

おかざき世界子ども美術博物館

昭和60年(1985年)5月4日、世界で始めての本格
的な子ども美術博物館として開館しました。
子ども美術博物館の機能として3つのゾーンに
分けられており、各ゾーンを関連させながら
世界の子どもの絵を中心に有名美術家の子ども時代
の作品、世界の各文化圏の民芸品、玩具・絵本など
常設展示しております。

THINK(考える)ゾーン
世界最古の絵といわれる、アルタミラ洞窟壁画
とアメリカの宇宙船ボイジャー号とパイオニア号
の複製写真を展示するとともに、古代から現代に
至るまでの変遷を写真や複製で紹介し人間のもつ
表現力について考えてもらう場となっております。

SEE(見る)ゾーン
日本を含め世界116カ国から収集した児童画をはじめ
世界の芸術家たちが10代のころに描いた作品や、
世界各国の文化、伝統を受け継ぐ玩具や民芸品など
の展示。その中でも特に世界の芸術家たちが10代の
ころに描いた作品としては、ピカソ、モネ、トゥー
ルーズ、ロートレック、クレー、シーレをはじめと
して、山下清、平山郁夫、池田満寿夫、安井曾太郎
東郷青児、横尾忠則、田中一村らの作品を常設展示
しています。

DO(作る)ゾーン
おかざき世界子ども美術博物館では親子造形センター
という施設が併設されており、DO(作る)ゾーン
の役割を担っております。子ども美術博物館の他のゾ
ーンで受けた感動や気づきをもとに、親子のふれあいの
中で楽しく絵を描いたり、物を作ったりしながら、
創造力を高めていく場となっています。

絵画教室、粘土教室、工作教室、EBアートの4つの
教室があり、幼稚園から中学校の遠足や子ども会
スポーツ少年団、PTAなどの団体の研修会に
親しまれております。

【催事】
アストリッド・リンドグレーン
「長くつ下のピッピ展」
期間 2009年4月18日(土)~2009年6月28日(日)
開館時間 9:00~17:00
入館料 大人(16歳以上)300円 小中学生 100円

「長くつ下のピッピ」は娘に聞かせたはなしを1冊の本
に仕上げたことがきっかけとなり1945年にスウェーデン
にて出版されました。
以降、世界中の子ども達のとりこにしたロングセラー
です。アストリッド・リンドグレーンの作品の中でも
最も人気があり90以上の言語で出版、映画化、アニメ化
ミュージカル化もされ、全世界数十億人の人々に愛され
ています。日本でも昭和39年(1964年)に岩波書店から
ピッピシリーズとして出版。以来40年以上も読み継がれ
ている世界的キャラクターです。

おかざき世界子ども美術博物館
所在地 愛知県岡崎市岡町字鳥居戸1番地1
電話 0564-53-3511
休館日 毎週月曜日 月曜日祝日の場合は翌日

名古屋での会議研修はゼミナールプラザへご予約下さい。
でんわ052-331-6411 運営 金山プラザホテル

名古屋の貸し会議室ゼミナールプラザ

カテゴリー: seminar-plaza, 会場設営スタッフ日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です